小川たけひろ行政書士ブログ
  1. タグ :遺言

相続でしばしば問題となる「祭祀承継者」というポジション

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 相続が開始すると、相続財産は相続人に承継され、相続人が複数いれば話し合いをしてどの財産を誰に分配するのかを決めます。しかし、お墓や仏壇のような祭祀(さい…

続きを読む

内縁関係を解消したら財産分与と相続はどうなる?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 民法では、法律婚の夫婦が離婚した場合、婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産について、財産分与の請求ができることになっています。最近では、法律上の婚姻関係…

続きを読む

遺言書で「相続させる」「遺贈する」の使い分けを間違えるとどう・・・

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 「不動産を妻に相続させる」「預貯金を長男の嫁に遺贈する」など、「相続させる」「遺贈する」という文言は遺言の中でよく使われます。どちらも遺言者が亡くなった…

続きを読む

“争族”を回避するために知っておきたい「特別受益」とは?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の生前に援助をしてもらった人と、そうでない人がいる場合、相続人全員が同じ金額を相続するとなると不公平が生じます。 …

続きを読む

遺言と遺留分

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 自分が亡くなったあと、自分の大切な家族や第三者に財産を譲ろうと考えたとき、遺言書を書こうと思う方が多くいらっしゃいます。遺言書があれば誰にでも財産を譲る…

続きを読む

遺言の付言事項とは?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 遺言を作成する理由は様々です。 最も多い理由は、自分の死後、家族が相続財産をめぐって骨肉の争いを避けるために作成するという理由が一番だと思います。 遺言…

続きを読む

配偶者に異父(母)兄弟姉妹がいた!相続はどうなる?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 被相続人(亡くなった方)にいわゆる異父(母)兄弟姉妹がいる場合の相続はどのようになるのでしょうか?この異父(母)兄弟姉妹の存在は、子どもがいない方に相続…

続きを読む

「おひとりさま」の自分が死んだら、誰が財産を相続するの?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 配偶者も子どもいない、身寄りのない方が亡くなると、その財産はいずれ国庫に帰属して、国の財産になってしまいます。 このように、相続人が不存在のために、国庫…

続きを読む

ページトップ