シングル家庭の引っ越しに「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」を利用する

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

離婚の際、現在住んでいる家から引っ越しする方も多いと思います。

また、シングルで子育てをしていて、転職や子どもの進学の関係で、引越しが必要になる方もいらっしゃると思います。

そんなとき、シングル家庭であるために、引越し費用をどうすればいいか悩むことがあるかもしれません。

今回は、シングルで子育てをしている家庭を対象に引越し費用を支援してくれる「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」についてお話いたします。

シングル家庭の引っ越しには「母子・父子福祉資金貸付制度」を活用する

離婚や別居の際、現在住んでいる家から引っ越しをする方もいらっしゃると思います。引っ越しにかかる費用の負担を相手方がしてくれればいいのですが、そうでない場合がほとんどです。

引っ越しにかかる費用は引っ越し業者に支払う費用のほかに、転居先が賃貸物件であれば、敷金や礼金、前家賃、火災保険料などの負担を考えなければいけません。また、引っ越し時に不用となったものがあればその処分費用も必要になってくるでしょう。

せっかく心機一転、新生活をスタートさせようと思っていたのに、こんなにお金がかかるのかと意気消沈してしまうかもしれせん。

そんなときに引っ越し資金を貸し付けしてくれる制度があります。

そこで利用を検討したいのが「母子・父子福祉資金貸付制度」です。

この制度は、20歳未満の子どもを扶養している母子・父子家庭を対象に、自治体が用途に応じてさまざまな資金を貸してくれる制度です。引っ越しにかかる費用の場合「転宅資金」が該当します。

「母子・父子福祉資金貸付制度」の名称は自治体によって多少の違いがありますが、市町村役場や都道府県の福祉担当部局、子育て支援の担当窓口で相談や申請を受け付けている場合が多いので、現在住んでいる自治体に問い合わせて確認してみると良いでしょう(函館市の場合はこちら)。

「転宅資金」の内容と申請方法

シングルで子育てをしている家庭が引っ越しを考えた場合、

「母子・父子福祉資金貸付制度」の「転宅資金」を利用することで、引っ越し費用を借りられることがありますが、その内容はどのようなものなのでしょう。

転宅資金の内容

貸付対象者 母子家庭の母、父子家庭の父 寡婦

内容 住宅を移転するため住宅の貸借に際し必要な資金

限度額:260,000円

据置期間:6ヶ月

償還期間:3年以内

利率:(保証人有)無利子 (保証人無)年1.0%

(「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」の詳細についてはこちら

申請方法

「母子・父子福祉資金貸付制度」を利用するには、まず、市町村役場の福祉担当窓口や子育て支援担当の窓口で面談する必要があります。

その後、担当者の指示にしたがって、貸付を受けるための申請書や添付書類を準備していきましょう。

申請の際に必要な主な書類は、

・貸付申請書

・戸籍謄本(母または父、および子どもの戸籍が分かるもの)

・世帯全員分の住民票記載事項証明書または住民票の写し

・借受人、連帯借受人、連帯保証人の印鑑証明書

・母または父、連帯保証人の収入を証明する書類

・生活費の収支内訳

・転居先を証明できる書類

・引越しにかかる費用の見積書

以上のようなものが「母子・父子福祉資金貸付制度」を申請する際必要となりますが、自治体によってはこれらの他に追加で他の書類の提出を求められることがあります。

また、申請書の作成や必要書類の入手に時間がかかってしまったり、書類の提出後は審査の期間があり、無事に審査に通って入金されるまで数か月かかることもあるため、早めに担当窓口に相談し、書類の作成や入手手続きを始めるようにしましょう。

申し込みの際に「無職」でも借り入れ可能

「母子父子寡婦福祉資金」は、「離婚したばかりでこれから就活しようと考えている。」「出産したばかりで働けない。」などの理由で、仕事をしていなくても借り入れが可能です。

相談の際、その旨を伝えることで、申請者が無理なく返済できる範囲で借り入れ金額を調整してくれます。

「仕事をしていないから…。」と利用を諦めず相談してみましょう。

Pocket