「離婚したくない」と夫に言われたら?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

妻が「離婚したい」と伝えても、夫が離婚に応じてくれないケースは意外と多いものです。

私の事務所にも「ようやく夫が離婚に同意してくれたので公正証書の作成をお願いします。」と嬉々として来られるお客様もいらっしゃいます。

本人は離婚する意思を固めているものの相手が「どうして離婚しなきゃいけないのか理解できない」など全く相手にされず、その結果、離婚に向けての話し合いが進まなかったというケースは実は少なくありません。

​離婚したい理由が、相手のお金の使い方や相手の両親との付き合い方、生活スタイルや価値観の違いによるものであれば、相手に何度説明しても納得してもらうことはなかなか難しいようです。

そして、そんなことを繰り返しているうちに、「本当は自分の考え方が間違っているのでは…」と考えてしまうという方もいらっしゃいます。

では、こういった状況を打開して、相手を離婚に向けての話し合いのテーブルに着かせるにはどのようにすればいいのでしょうか?

​​​たとえば、別居を提案してみる、専業主婦の場合であれば、仕事を見つけて離婚後の生活に向けて自立する準備をする、周りを巻き込み離婚に向けての雰囲気作りをするなどが考えられます。

​離婚したい意思を行動に移すことで、相手もパートナーの離婚の意志は固いのだと考え、話し合いに応じてくれる可能性が高くなるかもしれません。

​しかし、子どもを連れて別居することを考えている場合には、「子どもを取られてしまうのではないか」と相手に不信感を与えてしまい、話し合いが上手く進まなくなったりすることがありますので十分注意が必要です。

 

Pocket