夫が自営業者の場合でも年金分割できるか?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

熟年離婚する場合、専業主婦にとって、夫に年金分割の請求ができるかどうかは離婚後の生活を考えるうえでとても重要な問題になります。しかし、専業主婦であれば誰でも年金分割請求ができる訳ではありません。たとえば、夫が「厚生年金」に加入しておらず「国民年金」だけの自営業者の場合、年金分割できるのでしょうか?

 

1.年金分割は「厚生年金・共済年金」を分割する手続き

まず、日本の年金制度の構造を見てみると、年金は3階建ての構造になっています。1階部分は「国民年金」、2階部分は「厚生年金保険」です。厚生年金保険は企業の従業員、公務員等が加入する制度で、ここまでが公的年金とよばれます。

3階部分は企業年金(厚生年金基金、確定給付企業年金など)と呼ばれる部分で、それぞれの企業の従業員のための制度です。

そして、年金分割は、年金の2階部分である「厚生年金」を分割する手続です。正確にいうと、「婚姻期間中の保険料納付実績」を分割する制度です。よく誤解される部分なのですが、年金分割は、毎月受け取る金額を分け合うのではなく、保険料の納付実績を分割します。

2.自営業者の年金

自営業者の場合、2階部分の厚生年金がありません。1階部分の国民年金だけです。したがって、夫が自営業者の場合、年金分割の対象とするべき2階部分がなく、分割請求することはできません。

また、自営業者でも、国民年金基金や確定拠出年金、民間保険会社の年金保険等に加入されている方がいらっしゃいますが、これらも、年金分割の対象である2階部分には当たらないため、年金分割の対象とはなりません。

一方、このような年金は、年金分割の対象外であることから、財産分与の中で考慮される可能性があります。
ただ、現在のところ、財産分与において、明確な取り扱いは決まっていないのが現状です。

(「離婚と年金分割①」「離婚と年金分割②」も併せてお読みください。)

 

 

Pocket