別居状態でも配偶者名義の家に住み続けていられるの?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

配偶者が「離婚する!」と家を出ていってしまった。でも、今住んでいる家は配偶者名義なので、配偶者に「出て行ってくれ」と言われたら、出ていかなければいけないのでしょうか?また、家が配偶者の「親」名義だったらどうでしょう?

1.配偶者が購入、相続した家である場合

その家が、配偶者が結婚前に購入した場合や、相続したものである場合など、実質的に配偶者のものである場合、配偶者の求めに応じて退去しなければいけない気がしますが、民法752条は、夫婦には、同居・協力・扶助しなければならないという規定があります。

そのため、その規定を根拠に、原則として離婚が成立するまで、その家に住み続けることができます。ただ、別居中でもそのまま住み続ける権利があるとはいえ、いかなる場合でも無条件に認められているわけではありません。

たとえば、その家に残った配偶者の暴力や脅迫、嫌がらせ行為などが原因で、名義を持っている方の配偶者が出て行かざるを得なかったというようなケースでは、家に住み続けている配偶者に婚姻関係を破綻させた原因があるため、別居後もそのまま相手名義の家に住み続けていることが“権利の濫用”と認められる場合には、明け渡しをしなければならなくなります。

2.名義は相手のものだが、結婚後に購入した場合

その家が、結婚後購入したものである場合などは、たとえ名義が相手のものであっても、夫婦の共有財産となります。
このような場合は、住み続けている方にも権利がありますから、離婚して財産分与が終了するまでは、当然に住み続けることができます。そして、財産分与の話し合いの取り決めに従うことになります。

3.相手の親名義の家だった場合はどうなるの?

このように、たとえ相手名義の家であっても、原則として家を出ていく必要はありません。しかし、相手の親が建てた家に無償で住まわせてもらっている場合などでは、相手の親に退去を命じられた場合には、出て行かなければならない可能性があります。
そもそも、相手の親は、子供夫婦が未来永劫、仲良く暮らしていくことを願って、生活基盤となる家を無償で提供しているのであり、夫婦仲が険悪になり、修復不可能な状態にまでなっているような場合には、親の期待を裏切ってしまっているからです。

Pocket