なぜ「離婚は大変!」なのか? 離婚を決断する前に考えてみましょう

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

「離婚は大変」と聞いたことがあると思いますが、実際どういうことをいうのでしょうか。離婚したことがない人にしてみれば、単に「離婚届にサインして提出するだけのこと」「恋人同士が別れるのとそんなに違いがないんじゃないの?」と思ってしまうかもしれません。でも本当のところは…。今回は、「離婚は大変!」といわれる理由についてお話したいと思います。

1.どうして離婚は大変だといわれるのか?

①離婚するまで時間がかかる場合があるから

夫婦がお互いに離婚に合意すれば、あとは離婚届にサインをして役所に提出すれば離婚が成立します。

これは「協議離婚」と呼ばれるもので、日本の夫婦が離婚する場合、圧倒的に多い形式になっています。しかし、もし夫婦のどちらかが、離婚を望まない場合や離婚条件で合意が難しいといった場合は、離婚に納得してもらうために時間をかけて話し合う必要があります。

でも、相手の顔も見たくないという気持ちでいる場合、相手と会って話し合いをすることだけでもかなりの精神的な負担になるでしょう。

こうした精神的な負担に加えて、慰謝料、財産分与、養育費、年金分割や住宅ローンなどの借金を抱えていた場合の処理の問題など、離婚に際して話し合わなければいけない現実問題が山ほどあるのです。

すんなり夫婦の話し合いだけで終われば良いのですが、慰謝料の支払いが絡んだようなケースでは、簡単にはいかない場合が多いでしょう。

話し合いがうまくいかず、協議離婚が難しいとなると、次に「離婚調停」という段階にむことになりますが、「離婚調停」でも離婚が成立しなければ、いよいよ裁判ということになってしまいます。

調停や裁判まで進んでしまうと、離婚までかなりの長期化が予想され、精神的負担や金銭的な負担も大きくなってしまい、途中で「やっぱり離婚は難しいから諦めよう..。」と思ってしまうこともあります。

 

②気持ちが傷ついてしまうから

「顔を見たくない!」と別居を続けていたときでも、離婚を決意したのなら、離婚の条件について話し合わなければいけません。でも、このような夫婦の場合、お互いに感情的になってしまい話し合いにならないこともあります。

また、親権や養育費、慰謝料などの条件で折り合いがつかないと、いつまでも離婚できないということもあります。そのため、少しでも良い条件で離婚しようと、相手の弱みを探したり、証拠集めをしたりするなど、いくら離婚したい一心とはいえ、自分が嫌になってしまうことがあるかもしれません。

 

③子どもに影響を与えてしまうから

離婚が大変だと感じるのは大人だけではありません。離婚は、子どもにも影響を与えます。たとえば、もし親権を持った親が子どもを連れて家を出ていく場合、転校手続きをしなければならない場合があります。

慣れ親しんだ学校や友達と離れてしまうことだけでも寂しいことなのに、新しい学校生活への不安など子どもに与える精神的な負担や影響は決して少なくありません。

また、居住地など環境は今までと変わらなくても、苗字が変わることがあります。でもこのことに、とまどいがあったり、友達関係で傷つくことがあるかもしれません。(「離婚と戸籍(子供の場合)」もあわせてお読みください。)

たとえ年齢的に離婚について理解できない子どもでも、両親が離ればなれになってしまいもう一緒に暮らせないという現実を子どもなりに理解して受け止めなければならないことに、大きな精神的負担を感じてしまい、気持ちが不安定になることもあります。

やはりどのような理由で離婚するにせよ、子どもにとっては親の都合でしかありません。相手のことが嫌いでも、子どもにとっては大切な親であることには変わりがありません。

ただ、DVの被害に遭っていたり、子どもの前でも日常的に喧嘩が絶えず、夫婦の不仲が伝わるような環境であれば、子どもが健全に成長していくためにも、前向きに新しい生活を始めていくことが良いのではないでしょうか。

 

④親や周囲への影響が大きいから

離婚は2人だけの問題ではありません。

たとえば、離婚そのものや離婚の条件に納得できない夫婦の親が、二人の話し合いに直接割って入ってくることがあります。こういうことが起こると、せっかく当人同士の話し合いがスムーズに進んでいたとしても、親が話し合いに加わってきたことで、こじれてしまうことが少なくありません。

また、離婚したことで周囲から好奇の目で見られたり、興味本位でいろいろ聞かれたりすることもあります。現代では、離婚は珍しいことではありませんが、すべての人が離婚について理解し共感してくれるとは限らず、またすべての人が好意的ではないということを頭に入れておかなければいけません。

離婚したことで「あの人、性格に問題があるんじゃないの?」というネガティブなイメージを持たれることは少なくありません。また、慰謝料や財産分与などで金銭が入ってきたような場合、このことをどこからか聞き入れ、良からぬことを考える異性が近づいてくることもあります。

このように、離婚の大変さは、離婚後も違った形で現れてくるものなのです。

 

⑤離婚後の生活に慣れないから

離婚後の生活に慣れるまでは、ある程度時間を要します。「やっと離婚できた」と思っている人でも、実際に離婚して新しい生活を始めてみると、現実とのギャップに愕然とすることがあります。

具体的にどのようなことかというと、子どもを連れた女性側が、約束していた養育費が支払われずに生活が困窮するケースが少なくありません。

また、子育てをしながら仕事をすることの難しさを知ることもあります。子どもが大きな病気や怪我をしたときは、仕事との兼ね合いをどうやっていくかとか、逆に自分が倒れてしまった場合、子どもを抱えてどのように生活を支えていかなければいけないのか、など結婚していたときに心配しなくて良かったことについてしっかり考えて備えなければいけません。

また、子どもを引き取らなかった親の方も、養育費の支払い義務が生じることにより、生活に影響することがあります。養育費については、子どものために認められた権利であるため、子どもが未成熟の間は払い続けなくてはなりません。

 

2.やはり離婚の決意は慎重に!

離婚の大変さについて見てきましたが、離婚を勢いで決めてしまうと後悔することがあります。離婚してしまってから「現実は厳しいからやっぱりやり直す」ということはなかなか難しいことでしょう。

特に、相手の不倫や借金が問題となるのではなく、性格の不一致を理由に挙げて離婚を考えている場合や子どもがいる場合は、安易に離婚に踏み切るべきではありません。離婚後に迫ってくる現実の生活を考えると相当な覚悟が必要となるのですから。

 

Pocket