熟年離婚を避けるために夫が気を付けるべきこと

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

「熟年離婚」という言葉がすっかり定着した感がありますが、男性(夫)からすれば、家族のために人生の大半を仕事に追われ、退職を契機に、やっとゆっくり自分の好きなことができると考えていた矢先に、妻から離婚を切り出だされるといったことは決して少なくはありません。

ある日突然、離婚を切り出された男性のほとんどは、何が原因なのか分からず困惑してしまいます。自分でも気づかないうちに妻の心の中で何が起こっていたのでしょうか?今回は妻から突然離婚を切り出されないために、離婚の原因になり得るもの上位2つを取り上げて、気を付けるべきポイントについて書いてみたいと思います。

 

○妻から見た熟年離婚の原因

妻が熟年離婚を決断するに至った原因をまとめたデータがあります。

第1位「夫が家事を手伝わない」

第2位「暴言を吐く」いわゆるモラハラ

第3位「甲斐性がない」

第4位「夫の浮気(不倫)」

第5位「酒癖が悪い」

これらの原因に一つでも当てはまるものがあれば、熟年離婚の危険性があると考えた方が良いかもしれません。では、これら5つの原因のうち上位2つについて見ていきましょう。

○第1位「夫が家事を手伝わない」

夫からすると、「夫が家事に協力的でないから離婚する」という妻の心情は理解しにくいかもしれません。理由は、大半の男性は「家事は妻がするもの」と思っているからです。

特に50代以上の男性は、自分の母親のイメージを重ねがちで、自分が子どもの頃、母親が家の事を一切やっていた」という記憶があるため、妻にも「母親のようにあるべき」という考えになりがちになってしまい、家事について一切手伝いをしないという方も多いようです。その結果、妻から離婚を切り出されてしまうのです。

では、どうすれば良いのか?

それなら、「夫が家事を手伝えば離婚は避けられるのか?」というとそう簡単なことでもありません。大切なのは実際に「家事を手伝うこと」ではなく、「家事は妻がやって当然だ」という考え方そのものを改めることが肝心なのです。この点、現在の若い夫婦では「家事は夫も協力するのが当然」という考え方が多いようです。

さて、それでは今日から家事を手伝ってみるかと、すぐに行動に移せるなら何の問題もありません。でも、現実的には、自分の考え方を変えて、行動に移すことはなかなか難しいことです。

こういった場合、すぐに行動に移せないなら、せめて妻に対して「感謝の気持ち」を表現するようにしましょう。例えば、お茶を淹れてくれたら「ありがとう」、ご飯を作ってくれたならその都度「おいしそうだね。いただきます。」など、妻が何かしてくれたこと一つ一つに、一言かけるだけでも夫婦間の雰囲気は変わってくると思います。早速、今日から実践してみてはいかがでしょうか?

○第2位「暴言を吐く」いわゆるモラハラ

妻が熟年離婚を決断する原因の第2位として「夫からの暴言」いわゆるモラハラをあげています。暴言やモラハラと聞くと相当過激な言葉を想像する人がいるかもしれませんが、そんなに過激な言葉ではなくても、言葉の暴力と捉えている妻が多いのです。

例えば毎日のように「おまえはホント料理が下手だな」「掃除くらいちゃんとやれ!」と言われたり、話しかけても「うるさい!」「いちいち俺のやることに口をはさむな!」などと言われたら、妻としてはどういう気持ちになるでしょうか?

夫としては特別悪意があって発した言葉ではなくても、妻にとっては言葉の暴力と感じられてしまい、それが日常的になってしまうと、精神的に耐えられなくなり、とうとう離婚ということになってしまうこともあるのです。

では、どうすれば良いのか?

実際、結婚生活が長くなると、言葉遣いについてあまり気を遣わなくなりがちです。自分でも気づかぬうちにきつい言葉になっていたりすることがあります。「夫婦だからその辺の加減は心得ている」ということもあるのでしょうが、しかしあくまで相手の受け取り方しだいです。妻が快く思っていなければ、いずれ離婚を切り出されるかもしれませんので改めていくようにしましょう。

その他の離婚の原因について

上記に挙げた、妻から離婚を切り出す5つの原因の他に、第6位に、「夫が暴力を振るう」第7位「夫に大きな借金がある」第8位「夫の親の面倒をみたくない」第9位「夫と会話がなくなった」第10位「好きな男性ができた」といったものが挙げられています。

こういった原因については、また機会を改めて書いてみたいと思いますが、どれも妻にとっては深刻な問題なのです。そして、これらの原因を見ていくと、ある共通点があります。それは、夫がその原因を特別深刻なことと捉えいないということがあります。そのため、改めることも努力することもないため、ある日突然、妻から離婚を切り出されて右往左往してしまうという結果になるのです。

まとめ

熟年離婚を避けるために、いちばん有効な手段はとにかく妻とのコミュニケーションを密接にすることです。今まで、自分から話題を提供して、話しかけたりすることがなかったような夫が突然妻に話題を振るようになったら妻は不審に思うかもしれません。

この辺は、あまり意識しても上手く会話が成り立たなくなるので、それとなく妻の関心のあることや趣味の話しなどから、徐々に慣れていくようにすると良いかもしれません。そして妻から不満や要求を聞き出せるようになったら、一歩前進です。あとは、妻の気持ちを極力受け止めてあげるようにしてください。

今回は、女性側から離婚を切り出すケースを見てきましたが、逆に、妻にも何らかの問題があり、夫から離婚を言い渡されるというケースもあります。結局、夫婦の問題はどちらか一方が全面的に悪いということはありません。必ず双方に何らかの原因があるというのが普通です。

しかし、熟年離婚では圧倒的に妻から離婚を切り出しています。熟年とよばれる年代になり、経済的にも弱い女性側(妻)が、離婚を切り出すには、相当強い考えと決意があるとみていいでしょう。「ある日突然・・・」を避けるためにも日頃から気を付けるべきことはあるのです。(熟年離婚の原因とメリット・デメリットも併せてお読みください。)

Pocket