小川たけひろ行政書士ブログ
  1. タグ :遺言

配偶者に異父(母)兄弟姉妹がいた!相続はどうなる?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 被相続人(亡くなった方)にいわゆる異父(母)兄弟姉妹がいる場合の相続はどのようになるのでしょうか?この異父(母)兄弟姉妹の存在は、子どもがいない方に相続…

続きを読む

「おひとりさま」の自分が死んだら、誰が財産を相続するの?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 配偶者も子どもいない、身寄りのない方が亡くなると、その財産はいずれ国庫に帰属して、国の財産になってしまいます。 このように、相続人が不存在のために、国庫…

続きを読む

亡くなった父が借りていた貸金庫を開扉するには?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 被相続人である父が生前、銀行に貸金庫を借りていました。その中には、遺言書や登記権利書、株券などいろいろと重要な物が入っているようです。父が亡くなってしま…

続きを読む

夫の兄弟に財産を分けるのは嫌だ!ではどうすればいい?

  こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 子どもがいない夫婦の場合、夫婦のどちらかが亡くなったら、その方が遺した財産の相続権は、配偶者と亡くなった方の親や亡くなった方の兄弟姉妹(祖…

続きを読む

『エンディングノート』活用のすすめ ”想い”を残すために

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 『エンディングノート』という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?ノートというくらいなので、実際にノートや本のような体裁をしています。 エンディング…

続きを読む

相続人がいない場合の相続ってどうなるの?

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 現在、日本では、晩婚化や非婚化が進んでいます。また、少子化や離婚率の上昇などにより、自分が亡くなってしまった後に、相続人が誰もいないということも珍しくあ…

続きを読む

相続制度改正のポイント①-2 「配偶者居住権」

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 民法が改正されたことにより、相続制度も時代に合わせて大きく3つの改正が行われましたが、そのうちの1つ「配偶者居住権」について前回(相続制度改正のポイント…

続きを読む

ページトップ