小川たけひろ行政書士ブログ
  1. タグ :公正証書遺言

相続制度改正のポイント② 「自筆証書遺言」の作成がより身近に・・・

こんにちは。函館の行政書士 小川剛弘です。   民法が約40年ぶりに改正され、相続分野の制度も大きく変わりました。 前回は「配偶者居住権」について説明いたしましたが、「自筆証書遺言」について…

続きを読む

大事な取り決めはやっぱり公正証書で!

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。   「公正証書」と聞いても、遺言書を作成したり、離婚を経験した方が利用して知っているくらいで、ほとんどの方は馴染みがない言葉だと思います。で…

続きを読む

推定相続人の中に行方不明者がいる場合、遺言書を作った方が良い・・・

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。   故人の財産を相続する場合、相続人全員で“誰が”“どの財産を”相続するのか話し合って決めなければなりません。この話し合いのことを「遺産分割…

続きを読む

「正本」「謄本」「抄本」「原本」の違い?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。   何かの手続きをするときに、「役所に行って戸籍謄本や戸籍抄本を取ってきてください」と言われたことがあると思います。 また、公証役場で、遺言…

続きを読む

遺言の内容を変更したい場合はどうするのか?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。   遺言書を書いてみたものの、その後、親族関係や、財産状況に変化があり、最初に遺言を書いた当時とは事情が変わってしまい、内容を変更する必要が…

続きを読む

戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本 その違いと注意点

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。   相続手続きや遺言書を作成する場合には、相続関係を証明するために、戸籍謄本や除籍謄本、原戸籍謄本などが必要となります。また、離婚協議書を公正…

続きを読む

遺言の種類と特徴「普通方式の遺言」

遺言の種類とそれぞれのメリット・デメリットを理解し、法律的に有効な遺言を残しましょう。 遺言は、法律の定めに従った方法で作成されることが求められており、これに反する遺言は無効とされてしまいます。 した…

続きを読む

ページトップ