小川たけひろ行政書士ブログ
  1. 公正証書

遺言書が2つ出てきたら?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 遺言書が何通か出てくることは、決して珍しいことではありません。遺言者が、書き直したものを処分せずにそのままにしていたりすることがあります。こういった場合…

続きを読む

夫の兄弟に財産を分けるのは嫌だ!ではどうすればいい?

  こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 子どもがいない夫婦の場合、夫婦のどちらかが亡くなったら、その方が遺した財産の相続権は、配偶者と亡くなった方の親や亡くなった方の兄弟姉妹(祖…

続きを読む

離婚給付公正証書の作成でリスクを回避!

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 離婚を決心したなら、離婚後の生活がどうなってしまうのか心配になってしまいますよね。 たとえば、離婚に際して相手と養育費や慰謝料などの取り決めをしたとして…

続きを読む

離婚協議書はどう書けば良いの?

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 離婚協議書は、その名の通り、離婚の協議の内容を書いた文書のことです。 最近は、離婚の際に離婚協議書を作成することが増えてきましたが、実際何をどう書けば良…

続きを読む

強制執行のための「債務名義」とは?

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 離婚の際に、養育費や慰謝料などの支払いを長期間に渡る分割払いと取り決めた場合、何らかの理由や事情で支払いが滞ってしまい、生活や子どもの養育に影響が出てく…

続きを読む

相続制度改正のポイント② 「自筆証書遺言」の作成がより身近に・・・

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 民法が約40年ぶりに改正され、相続分野の制度も大きく変わりました。 前回は「配偶者居住権」について説明いたしましたが、「自筆証書遺言」についても「形式」…

続きを読む

大事な取り決めはやっぱり公正証書で!

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。 「公正証書」と聞いても、遺言書を作成したり、離婚を経験した方が利用して知っているくらいで、ほとんどの方は馴染みがない言葉だと思います。でも、本当に大事な…

続きを読む

金銭の支払いがないのなら「私署証書の認証」という方法がありま・・・

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。 離婚に際して取り決めたことは公正証書にしておくべきということは、当ブログで何度もお伝えしておりますが、しかし、どのような場合でも公正証書を作成しておく…

続きを読む

離婚の取り決めはどのような文書形式で残せば良いのか? 

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。 離婚時の話し合いで、養育費や慰謝料、財産分与などを取り決めた場合、何らかの書面にして残しておくほうが良いでしょう。書面に残しておくことで、後々のトラブル…

続きを読む

清算条項があると養育費の増額請求できない?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。 離婚の際、慰謝料や財産分与、養育費や子どもとの面会交流など、夫婦間で取り決めたことを離婚協議書や公正証書などを作成して記載するのですが、これらの文書の…

続きを読む

ページトップ