生死不明の夫と離婚できるか?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

 

夫が突然家を出てしまい、どこにいるのかはもちろん、生死もわからない。何度も連絡を取ろうとしたが、携帯電話もつながらない。こんな状態が長期間続いてほとほと疲れてしまい、このような不安定な状態を抜け出して、新しい人生を生きていきたいと考えるのも自然なことでしょう。

また、配偶者がいない淋しさから、新しい異性に心のよりどころを求めてしまうこともあるかもしれません。こういった場合、新しい異性との将来を考えても、離婚していない状態では再婚することもできません。では、このような状態が続いた場合、生死不明夫と離婚できるのでしょうか?できるとすれば、どのような場合で、どのような方法を取れば離婚できるのでしょうか。

 

1.3年以上の生死不明

お互い協力し合い、助け合うべき夫婦のどちらかが3年以上、生死が不明の状態が続いているということは、夫婦関係はすでに破綻したものと考えられ、これを離婚事由として訴えを起こすことが可能です。

ただし、配偶者の生死不明を理由に離婚を認めてもらうには「一生懸命探したけど見つからなかった」という事実が必要になってきます。そのため、「行方不明なのに警察に捜索願を出していない」「どこに住んでいるのかは不明だが電話などで連絡は取れる」「「友人知人の目撃情報がある」といった事実がある場合は離婚を認めてもらうことは難しいでしょう。

そこで、配偶者が行方不明であり、かつ、生死不明の状態が3年以上続いていることを証明するには以下のようなものがあげられます。

・「捜索願受理証明書」

・事故や災害の証明書

・最後に受け取った手紙やハガキ(消印がわかるもの)

・最後の通話やメールの履歴

2. 生死がわからない状態が7年以上続いた場合

また、配偶者の生死不明が7年以上続いた場合は、家庭裁判所に失踪宣告の申立てをおこなって、失踪宣告がなされると婚姻関係を解消することが可能となります。失踪宣告がなされると配偶者は「死亡した」と扱われるため、残された配偶者は再婚することも可能となります。

ここで、たとえば、再婚した後になって、行方不明者が突然帰ってきて、失踪宣告の取消をしたとしても、再婚関係には何の影響も与えません。つまり、「現在の婚姻関係が有効であり、行方不明者との婚姻関係は復活しない」ということになります。

もっとも、これは、再婚した夫婦の双方が、「行方不明者が生きていることを知らないで」再婚した場合に限られます。夫婦のどちらか一方でも、行方不明者が生きていることを知っていた場合には、失踪宣告の取消によって、行方不明者との婚姻関係が復活してしまい「重婚」とよばれる状態になり、非常に複雑で不安定な状態に陥ってしまうことにもなりかねません。

このような状態を招かないためにも、行方不明者が生存していることが判明しているのであれば、離婚訴訟などであらかじめ離婚を確定させてから再婚に進むほうが良いでしょう。

3. 勝手に離婚届を提出することは犯罪です!

上記のように、所定の期間を過ぎると離婚できる場合がありますが、「そんなに長く待てない、今すぐにでも離婚したい」と行方不明の配偶者の存在を無視して、勝手に離婚届を作成して役所に提出してはいけません。離婚届は、夫婦双方の離婚の意思を表明する書面ですから、行方不明の配偶者に許可なく勝手に作成することは「私文書偽造罪」という罪に問われる可能性があるので絶対にやめましょう。

Pocket