財産分与の取りはぐれを回避するために必要なこと

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

 

離婚を考えたとき、頭を悩ますことの一つに経済的な問題があります。離婚に関して、配偶者に請求できるものとして、婚姻費用、慰謝料、養育費、財産分与、年金分割などが考えられます。

1 財産分与は専業主婦でも原則折半

特に財産分与について知っておいていただきたいポイントがあるのですが、財産分与についての考え方としては、たとえ専業主婦であったとしても婚姻期間中に夫が稼いだものは夫婦二人の「共有財産」となり、原則的に1/2ずつ折半されるということです。

そして、実際に共有財産を確定させるために、様々なものが必要になります。話し合いがつかず、最悪、裁判にまで進展してしまった場合のいわゆる“証拠”となるものです。

2 共有財産としての“証拠”を集めましょう

まず、そもそも共有財産として、どんなものが考えられるでしょうか?一般的なものとしては、預貯金、有価証券、生命保険、マイホームなどの不動産、自動車、退職金などが考えられます。

そして、預貯金なら通帳、有価証券であれば、証券や取引明細書、不動産なら登記やローン返済表や契約書、生命保険であれば保険証書、退職金であれば、配偶者の勤務先の就業規則など。これらの書類が万一の場合の証拠となり得るものです。

そのため、離婚を考えたらまず、これらの書類のコピーをとっておくことが重要です。

とくに、相手名義の通帳などは、相手に離婚を切り出す前から準備しておくと、相手の警戒心は薄いと思われますので、入手しやすいでしょう。

3 配偶者名義の財産持ち出しはNG!

ただし、注意が必要なのは、配偶者名義の通帳や有価証券、不動産の権利証そのものを、配偶者の許可も得ずに持ち出してしまうことは、後々トラブルになる可能性があるのでやめましょう。

これらの書類は、そのものではなく、コピーや写真でも十分証拠となり得ます。そして、いうまでもありませんが、自分名義の通帳などの書類は、別居時に忘れず持っていきましょう。

別居後、出て行った方の配偶者は、簡単に家に入れなくなり、これらの種類を持ち出せにくくなることがあるためです。これらの書類は、タイミングや時期を見極め、過不足なく収集し、万全な保管や保存をして、忘れずに持ち出すようにしましょう。

Pocket