離婚の合意をしたのに離婚届を書いてくれない! どうすればいい?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

 

離婚を決心し、親権者や養育費、面会交流や財産分与など、さまざまな取り決めも文書にして、「さぁ、あとは離婚届を提出するだけ」となったとき、相手方が離婚届の作成に協力してくれないことが少なからずあります。

離婚の合意をしたのに、相手方配偶者が離婚届の作成に協力してくれない場合は、「相手方の住所地を管轄する家庭裁判所」に調停の申し立てをすることになります。

仮に、調停でも離婚の成立に至らなかった場合、審判や裁判に移行することになります。

ここで離婚の成立や離婚判決が得られた場合は、相手方配偶者が関与することなく、単独で離婚手続きをすることが可能となります。

また、スムーズに話し合いで離婚に合意し、離婚届も書いてくれたのに、提出までの間に、相手の気持ちが変わってしまい、役所に離婚届不受理の申し出をされてしまうと、離婚届を受理してもらえなくなります。

こういったことがないよう、協議離婚の場合、離婚に関する取り決めを離婚協議書や合意書として作成するのと同時に、相手方に離婚届の作成にも協力してもらい、作成が完了したら、相手方に離婚届を提出してもらうのではなく、ご自分で役所に提出することをおすすめします。

Pocket