夫の兄弟に財産を分けるのは嫌だ!ではどうすればいい?

 

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

 

子どもがいない夫婦の場合、夫婦のどちらかが亡くなったら、その方が遺した財産の相続権は、配偶者と亡くなった方の親や亡くなった方の兄弟姉妹(祖父母や甥姪が相続するといったケースもありますが)にまで及びます。

とくに、配偶者と兄弟姉妹が相続人という組み合わせがトラブルになることが多いのです。

遺された配偶者にしてみれば、普段はまったくといっていいほど付き合いもなく、親の介護はもちろん、困ったときには助けてもくれなかった・・。

それなのに、配偶者が亡くなった途端、相続権を持ち出して当然のように自分にも権利がある!といわれると感情的になってしまいます。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合、法定どおりに相続すると、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の割合で相続財産を承継することになります。

でも、配偶者の感情としては、「兄弟姉妹には1円も渡したくない!」のです。

これが、自分の兄弟姉妹であったなら、また違うのかもしれませんが、配偶者の兄弟姉妹となると、そもそも血の繋がらない赤の他人なので、ちょっとした言動や行動にも敏感になってヒートアップしてしまい、ついには揉めてしまうことも多いのです。

そのため、自分達が亡くなった後、そういった事態が現実になるのではないかという不安から、生前しっかり対策を立てておきたいと思うことはもっともなことです。

こういった場合の解決策として、配偶者がそれぞれ「一切の財産を配偶者に相続させる」旨の公正証書遺言を作成するといったことが考えられます。

こうすることで、兄弟姉妹には財産の内容について知られることも、面倒な話し合いになることも避けることができるのです。

もともと、兄弟姉妹には遺留分請求権がないため、公正証書遺言を作成しておくことで、全財産を配偶者に遺すことが可能となり、揉めごととして発展しにくくなるでしょう。

Pocket