協議離婚のメリット・デメリットとは?

こんにちは、函館の行政書士 小川たけひろです。

 

現在、結婚したカップルの約3組に1組が離婚するといわれていますが、離婚をしようとする場合、まず夫婦で話し合って、養育費や財産分与、慰謝料、年金分割…など離婚に伴う取り決めについて話し合うことになります。

離婚する夫婦の約90%はこの話し合いによる離婚、すなわち『協議』によって離婚するのですが、離婚はその後の人生に影響を与えるといっても過言ではありません。そのため、離婚を考えた場合には、様々な知識を身に付けておくべきです。今回は、離婚を考えている方が知っておくべき事について説明したいと思います。

 

1.『協議離婚』は簡単だが、メリットもデメリットある

協議離婚は、夫婦の話し合いによる離婚です。その話し合いは基本的には夫婦のみで行われます。そして、話し合った結果について合意すれば、あとは、役所に離婚届を提出するだけです。離婚後はその「合意した条件」を粛々と守っていくことになります。

お互いに、揉めるといったこともなく、実に簡単に離婚することができますが、メリットばかりではなく、デメリットも存在します。

まず、メリットについて見ていきましょう。

(1)協議離婚のメリット

協議離婚のメリットは以下のようなことが考えられます。

 

①夫婦だけの話し合いで、自由に離婚の条件を決定することができる。

②時間や場所に左右されず、離婚についての話し合いができる。

③合意さえすれば、離婚届を出すだけで離婚できる。

④離婚原因を必要としない。

⑤手続きの負担がほとんどない。

⑥離婚のための費用がほとんどかからない。

 

①夫婦だけの話し合いで、自由に離婚の条件を決定することができる。

協議離婚は話し合いによる離婚であるため、夫婦間での話し合いに合意すれば、あとは、離婚届を提出して終了です。それ以上のことを求められることはありません。

そのため、夫婦間で合意し、離婚後も合意内容を守り続けていけるのであれば、どのような条件でも(もちろん、違法、脱法行為は論外ですが…)、当事者夫婦だけで決定することができます。

「自分達夫婦のことは自分達で決めたい」「もめたり、争いになることがない」といった場合であれば、自然と協議離婚という形で進んでいくと思われます。

②時間や場所に左右されず、離婚についての話し合いができる。

調停離婚、審判離婚、裁判離婚などのケースでは、裁判所が関与することになります。そして、調停、裁判などの場合、日時などが、月曜から金曜までの平日で指定されることになり、また裁判所まで出向くことになります。

調停や裁判など裁判所が関与する場合には、離婚までに半年や、場合によっては数年という長い期間が必要になることもあります。

そのため、その間はこのような日時や場所の制約に縛られることになります。その点、協議離婚では、お互いの都合のいい日時・場所を決めて、離婚に向けた話し合いを続けることが可能です。

③合意さえすれば、離婚届を出すだけで離婚できる。

調停離婚、裁判離婚は裁判所の力を借りて離婚をすることになります。そのため、裁判にまで進むような事態になると、「調停前置主義」という原則から、裁判の前提として、まず調停を行わなければならないので、結果次第では長期化することが予想されます。

その点、協議離婚は、夫婦双方が「話し合いで解決しよう」という気持ちがあれば、合意さえできれば、すぐに離婚をすることができます。

④離婚原因を必要としない。

協議離婚、調停離婚については離婚原因がなくても離婚することが可能です。しかし、裁判離婚になると、民法で定められている離婚理由が必要になります。

協議離婚では、離婚理由が不要であるため、夫婦間で離婚について話し合って決めていくことができます。

⑤手続きの負担がほとんどない。

調停離婚、裁判離婚では、裁判所に必要な書類の作成や証拠の収集など、時間と労力の負担が発生してきます。

それに対して、協議離婚はあくまで、夫婦当事者による話し合いによる離婚なので、そういった煩雑な負担を必要としません。離婚条件などは当事者夫婦の間で決めていくことになります。

⑥離婚のための費用がほとんどかからない。

調停離婚、裁判離婚は裁判所への印紙代等の費用や弁護士費用も発生します。しかし、協議離婚は夫婦間による話し合での離婚なので、そういった費用を負担することはありません。

ただ、夫婦で合意した内容を、『離婚協議書』や『離婚公正証書』などの文書するために、弁護士や行政書士などの専門家に依頼すると作成費用が発生しますが、それでも裁判などでする離婚と比較しても少額で済むと思われます。

 

次にデメリットを見てみましょう。

(2)協議離婚のデメリット

協議離婚のデメリットについては、以下のようなことが考えられます。

 

①条件で合意できない、話し合いができない場合には、離婚までに時間がかかる。

②会いたくない相手でも、会って話さなければいけない。

③基本的に夫婦だけで話し合いをしなくてはいけない。

 

①条件で合意できない、話し合いができないといった場合には、離婚までに時間がかかる。

離婚についての条件が合わなくて、話し合いが進まない場合や、そもそも話し合いに応じてもらえない場合には、協議離婚することが難しくなってきます。

話し合いがこじれたり、話し合いができないようなことになってしまうと、離婚まで相当長期化してしまうことが考えられます。こういった状態になってしまうと、調停離婚、裁判離婚も考える必要があるかもしれません。

②会いたくない相手でも、会って話さなければいけない。

協議離婚は、基本的に夫婦のみの話し合いとなります。そのため、会って話し合うと感情的になったり、暴力的になるような相手であっても会って話し合いをする必要があります。

③基本的に夫婦だけで話し合いをしなくてはいけない。

協議離婚では、基本的に夫婦のみで話し合いをする必要があります。そのため、離婚に関する専門的な知識不足が否めないので、不利な条件で合意してしまったり、法律的にも不利に働くような条件で離婚に合意する可能性があります。

夫婦間でのみの話し合いが不安な場合は、離婚問題に詳しい弁護士などに相談して「話し合うべきポイント」について明確にしておくのが良いかもしれません。

また、話し合いに備えて、離婚についての知識や情報、交渉方法などを身に付けておくのが良いでしょう。こういったものは、書籍やネット、離婚経験者である家族や友人などから仕入れると良いでしょう。

 

2.まとめ

以上のように、協議離婚には、メリットもデメリットも存在します。協議離婚を考える場合、こういったメリットとデメリットを意識して、離婚に向けた準備をすることが必要になります。

そうすると、協議離婚といってもそれ相応の時間が必要になることがわかるはずです。また、相手が話し合いを拒否したり、話し合いはできるが、条件で合意できないような場合にはそれに対する対策も必要になってきます。

さらに、相手のDVに苦しめられていたり、言葉が巧みで、言いくるめられそうな相手にも注意しなければなりません。そして、相手の親や兄弟姉妹、友人など、思わぬ“伏兵”の横槍が入るケースも考慮しなければいけません。

こういったことをトータルで考えてみて、自分達夫婦が協議離婚できそうかどうか、見極めることがとても大切です。

Pocket