両親の離婚や再婚が相続でどのように影響してくるのか?

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。

 

離婚する際、養育費や財産分与、慰謝料の話し合いをすることは多いですが、離婚後の相続についてまで話し合うことは少ないのではないでしょうか。実際、離婚をした後に相続が発生すると相続権はどうなるのでしょうか?しっかり理解しておかないと、いざ相続が発生した時に思わぬトラブルになるかもしれません。 今回は離婚や再婚をした後の相続についてお話します。

〇子どもは離婚しても両親の相続人になる

離婚をした夫婦のどちらか一方が亡くなった場合、元配偶者には相続権は一切ありません。でも、その夫婦の間に子どもがいた場合はどうなるでしょうか?夫婦が離婚して赤の他人になっても、子どもとの親子関係が切れることはありません。そのため、子どもは離婚した両親双方についての相続人になります。

〇離婚後の実親の相続権

たとえば、未成年の子どもがいて、親権者を妻と定めて離婚したとします。そして、離婚後、その妻が新しい戸籍を作って、その戸籍に子どもが入籍したとすると、その子は、元夫の戸籍から抜けることとなります。

しかし、戸籍から抜けても元夫とは赤の他人になるわけではなく、実の親子関係は継続していくため、その子は、元夫が亡くなった場合も相続人となります。

たとえ、離婚した元夫が再婚し、その再婚相手との間に子があったとしても、元夫が亡くなった場合、再婚相手である妻とその子どもと共に、前妻の子は元夫の法定相続人になります。

しかし、元夫が再婚をきっかけとして、前妻の子とすっと疎遠になっていたり、子どもが物心つく前に再婚していたりすると、ある日突然、面識のない親族から連絡がきて、実親が亡くなったことを知らされたとか、相続が発生してはじめて実父母の存在を知ったということもあるようです。

こういった場合、再婚相手や再婚相手の子から、「あなたの実親が亡くなったので遺産分割の話し合いに協力してください」などといわれても、遺産分割協議がスムーズまとまることは難しいのが現実です。

〇血の繋がっていない親と子の相続はどうなるのか?

上記の例とは逆に、母親が再婚した場合、新しい父親との関係については、自動的にその再婚相手と親子関係が生じるわけではありませんが、母親の再婚相手の相続人になれないということではありません。

その子が、母親の再婚相手である新しい父親の相続人になるためには、再婚相手と養子縁組をしていることが必要です。

その子は母親の再婚相手と養子縁組をしてはじめて、再婚相手との間に親子関係が生じ、それによって、母親の再婚相手が亡くなった場合に法定相続人になります。

決して、実父の法定相続人だから、母親の再婚相手の相続人になれないということではありませんし、母親の再婚相手の法定相続人になったから、実父の相続権がなくなるわけでもありません。

〇遺言書を活用するのも一案

両親が離婚しても、それによって親子の関係が切れることはありません。でも、前婚の子が、別れて暮らす親の再婚相手やその子と良好な関係を築けるケースは少ないと思います。

こういった場合、いざ相続が開始すると、話し合いが上手くいかず、トラブルになることも多いのが現実です。

そのため、遺産相続でのトラブルを多少でも回避するために、遺言書を作成することをおすすめします。「誰に」「何を」「どれだけ」相続させるかを、遺言書に残しておくことで、トラブルになりがちな遺産分割協議をすることなしに、相続手続きを進めていくことが可能となります。

〇遺言書は「遺留分」に配慮しましょう。

トラブル回避に有効な遺言書ではありますが、注意も必要です。
たとえば、一部の相続人に対して、あまりにも偏った内容の財産を分配したり、法定相続人以外の人へ遺贈するなどの場合、法定相続人(兄弟姉妹は除く)には、最低限相続できる財産として「遺留分」が認められており、その遺留分を侵害された場合、「遺留分減殺請求」される可能性があることに注意しましょう。

Pocket