相手の不倫が原因で別居することになっても家賃を負担しなくてはいけないのか?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

夫婦が別居することになった場合、家賃についてトラブルになることがあります。例えば、妻の不倫が原因で、夫が自宅である賃貸アパートを出て別居することになった場合。夫の名義で借りているアパートの家賃を、別居後も夫が払い続けなければいけないのでしょうか?

 

〇居住費も婚姻費用に含まれる

妻の不倫が原因であっても、妻に対しては別居中の生活費(婚姻費用といいます)を支払う必要があります。そして婚姻費用には居住費が含まれます。

この場合、不相当に高額な家賃でもない限り支払っていく必要がありますが、妻が仕事をしているのなら、家賃の負担を求めることもできます。

しかし、夫としては、妻の不倫が原因で別居することになったのに、このうえ家賃まで負担しなければならないことに納得できないかもしれませんが、相手(この場合は妻)の不倫いわゆる「不貞行為」が原因で別居する場合でも、婚姻費用の分担には影響しないとされています。

この場合、裁判所の婚姻費用算定表による夫婦の収入に応じた婚姻費用の分担が原則です。そのため、家賃を生活費とは別に支払うのではなく、生活費の中に含めて支払うのが原則です。

 

〇家に住み続ける相手に住宅ローンの返済を求められるか

また、上の例で、自宅のローン名義人である夫が、ローンの返済途中で別居した場合、別居後も家に住み続ける妻に対して住宅ローン分を婚姻費用から差し引いて支払うことはできるのでしょうか?

婚姻費用を計算する際、住宅ローン返済額の一部を相手に負担させることを考慮した金額を設定することは可能なようです。しかし、どうしても話し合いで合意できない場合は、裁判所での婚姻費用請求調停で解決を目指していくことになります。

 

このように、別居の原因が妻の不倫であっても、お互いの収入に応じた婚姻費用を相手に支払うことになります。婚姻費用には家賃などの居住費も含まれるため、別居によって(この場合は夫)が家を出た後も、実質的に家賃を負担することになります。

また、住宅ローンが残っている場合は、ローン返済額の一部を相手に負担してもらうことを前提に婚姻費用の金額を設定することも可能です。しかし、話合いで合意できなければ、裁判所の調停で解決を目指していくことになります。

 

Pocket