扶養的財産分与とは何か?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

 

婚姻中に、夫婦が協力して築き上げた財産を離婚時に清算をすることを「財産分与」といいます。そして、一般的に財産分与という場合は、「清算的財産分与」と呼ばれる種類の財産分与のことを指します。

財産分与には、「清算的財産分与」の他にも、「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」などと呼ばれる種類があります。今回はその中でも「扶養的財産分与」について見ていきます。

 

〇扶養的財産分与とは?

扶養的財産分与は、離婚によって生活が困窮してしまう配偶者(例えば、仕事を持たない専業主婦など)のために、財産分与に扶養の意味合いを盛り込む考え方のことをいいます。

他の財産分与とは違い、収入の多い配偶者が、収入がないか、あっても少ない配偶者を離婚後一定期間扶養することになります。ではなぜ「扶養的財産分与」という考え方が存在するのでしょうか?

離婚によって他人となる夫婦には、離婚後にお互いを扶養する義務はありません。しかし、収入のない相手方が離婚後、生活に困窮してしまう怖れがある場合、生活が軌道に乗るまでの間経済的な面倒をみるのが公平だろうという考え方に基づいています。

 

〇扶養的財産分与が認められやすいのは専業主婦

夫が仕事をして、その収入で生活費を賄っており、妻が専業主婦という場合で、扶養的財産分与を考えてみましょう。

夫は婚姻中に仕事を継続することにより、どんどんキャリアアップやスキルをアップして、今以上の収入を得るための下地を作っていける可能性があります。

しかし、専業主婦である妻は、自分のキャリアやスキルの向上という考え方がそもそもなく、夫のキャリアアップやスキルアップにひたすら貢献していると考えられます。

そして、夫は仕事、妻は家事という分担を続けていくと、婚姻期間に比例して夫婦の間に収入を生み出す能力や環境に格差が広がっていきます。

夫は仕事を通して実績を積み、収入も増えていきますが、専業主婦である妻は、そもそも収入を得ることや、収入を増やす機会がないので格差が大きくなるのは当然です。

このような状態で離婚した場合、妻の方がすぐに生活に困窮してしまう可能性が大きいため、扶養的財産分与が認められやすくなります。

仮に、夫婦共働きで、家事については、妻だけがするのではなく、夫も協力している家庭だとしても、多くの家庭では妻の家事に対する負担割合は大きく、仕事を持っている女性の職場での地位も、まだまだ男性に比べ高くはないのが現状であるため、夫と同程度の収入を得られるケースは多くはないと考えられます。

 

〇扶養と補償という考え方

扶養的財産分与の性質は、離婚で生活に困窮してしまう怖れのある配偶者を救済するのが第一番目の目的ですが、もう一つの目的として、結婚したことによって生じた、収入を獲得していく上で必要なキャリアやスキルといったものの差を“補償”しようという考え方があります。

どういうことかというと、例えば、自分で収入を獲得していけるキャリアやスキルを持っている夫が、離婚後生活に困窮する妻の生活を単に助けるという意味合いではなく、自分がキャリアアップやスキルアップができたのは、いわば、“妻の内助の功”のおかげであるとして、その対価や報酬として財産分与しようという考え方です。

 

〇扶養的財産分与には事情が必要

離婚時に夫婦の間に収入格差があっっても、その後、お互いに生活を維持できる資力を持っていれば、扶養的財産分与を請求する必要性はありません。

扶養的財産分与には、離婚後の生活維持が困難であるという事情が必要であり、その事情がなくなった場合には請求することができません。

また、分与する側(資力のある方)がその経済力の範囲で分与を行うのであって、その生活を犠牲にしてまで分与するものでもありません。

 

〇扶養的財産分与はどのように、どのくらいの期間支払うのか?

扶養的財産分与は、養育費などと同様、原則として定期金(毎月〇万円など)による方法で支払われますが、理由は、扶養的財産分与の目的が“生活維持”にあるからで、そういったことから、一括払いなどの方法は馴染まないとされています。

扶養的財産分与の金額は、分与される側が“生計を維持できる程度”を限度とし、過大な分与は贈与と扱われて、贈与税を課される可能性もあります。また、生活保護が受給されると生計維持ができたと考えられ、扶養的財産分与は終了します。

支払い期間については特段に決まりはなく、生計が維持できるまでの間は支払われることが多いようです。

もっとも、分与を受ける側が、単に扶養されることを目的にして、自立するための努力を怠っている場合は道義的に問題があるので、生計維持が可能となるであろう常識的な程度ということで、半年から3年くらいというのが一般的なようです。

 

 

 

 

Pocket