マイホームを新築したのになぜ離婚?「新築離婚」とは?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

最近、念願のマイホームを新築したにも関わらず、離婚をしてしまう夫婦が多いようです。一体どういった原因で離婚してしまうのでしょうか?このいわゆる「新築離婚」といわれる離婚は、マイホームを建設中または新居で生活を始めた直後に離婚をしてしまうことからこうよばれます。新築離婚に至る原因にはどのようなことがあり、どう対処すれば離婚を回避できるのでしょうか?

 

〇マイホームを新築したのになぜ離婚?新築離婚とは?

最近、「新築離婚」とよばれる離婚をする夫婦が増えているようです。念願のマイホームを手に入れて、幸せ一杯のはずなのに、そのマイホームが原因で夫婦仲が悪くなってしまい、ついには離婚に至ってしまうのです。

〇なぜ、マイホームを新築したのに離婚してしまうのか?

マイホームの新築で離婚をしてしまう原因には、マイホーム建設の計画段階から色々なものがあります。

これからマイホームを新築しようという計画の段階で離婚に至ってしまう場合の原因には、マイホームについていろいろ話し合っているうちに、今後の暮らしや将来の希望に対する価値観の違いに気づいてしまい、それが原因で離婚してしまうことがあるようです。

また、新築後の離婚の場合には、ローンの支払いが負担になってしまったり、新しい環境での生活にストレスを感じてしまい、そのことが夫婦仲に亀裂を生じさせてしまい、結果的に離婚に至ってしまう場合があるようです。

このように、新築離婚をする原因は夫婦や状況によって様々です。

〇新築離婚はローンを抱えてリスクも大きい

マイホームを新築しての離婚は、ほとんどの夫婦の場合、ローンを抱えての離婚となるため通常の離婚よりも考えるべきことが多くなります。

マイホームの新築を考える夫婦で、現金一括払いで家を建てられる人はほとんどいないでしょう。通常は金融機関との間で住宅ローンを組んでいるのが普通だと思います。

そして、当然ですが、離婚をすることになったからといって、住宅ローンの支払い義務がなくなるわけではありません。新築離婚をする際、マイホームの価額よりもローンの残高が上回る、いわゆる「オーバーローン」という状態の場合、離婚してからも借金を背負ことになるのは避けられません。

そのため、配偶者から養育費などの支払いを条件としている場合にはこういった負担も考慮に入れていかなくてはなりません。

離婚と住宅ローンいついて詳しくは、(「住宅ローンがある場合の財産分与」を参照ください。)

こういったことを考えると、新築離婚は負担やリスクが大きいといえます。

しかし、どうしても離婚は避けられない状況の夫婦が考えておくべきことはどのようなことでしょうか?

〇新築離婚を決断したら考えるべきこと

ご覧いただいたとおり、新築離婚は、大きなローンを抱えていない通常の離婚と比較すると負担とリスクが非常に大きいのが特徴です。

そのため、そういった負担やリスクを背負ってでも、本当にマイホームが必要なのか、今一度夫婦でしっかりと考え、話し合っておくべきでしょう。

また、マイホームが自分達夫婦に本当に必要なのかどうかについて話し合い、新築することに決めたのなら、業者との設計の打ち合わせの前に、具体的な間取りや予算などについて夫婦で話し合いをしておきましょう。

夫婦間でこのような話し合いをせず、業者と話し合いをすると、 打ち合わせの場で、お互い自分の主張を通そうと険悪になりやすくなるので十分気をつけましょう。

 

 

Pocket