離婚届が受理されたか確認する方法はあるか?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

離婚届を提出して受理されれば、離婚については一区切りついたと安心と思われるかもしれませんが、健康保険や年金の手続き、子どもの学資保険の受取人変更など、しなくてはいけない手続、しておくべき手続きが色々出てきます。そのため離婚届が受理されたかを確認する方法をご紹介します。

 

〇離婚届の受理を確認する方法

1.「受理通知」

離婚届が正式に受理されたかを確認する方法として、「受理通知」による確認方法があります。

離婚届の「受理通知」とは、離婚届を提出した際に本人確認がされなかった場合、後日本人宛に通知として届く書類のことです。なので、離婚する2人が揃って離婚届を提出しに行って、本人確認された場合にはこの通知はありません。

しかし、夫または妻の片方によって離婚届が提出された場合は、提出に行かなかった方にこの「受理通知」が届きます。

また、離婚届を代理の人に頼んで提出した場合には、夫婦二人宛てに送られることになります。本人確認するための資料(運転免許証や健康保険証など)を持たないで提出したときも、「受理通知」が送付されることになります。

この「受理通知」は、元々本人が知らない間に離婚届を提出されるなどの不正を発見するための仕組みなのです。

「受理通知」は、離婚届を提出して受理されると、およそ1週間程度で届くようですが、本籍地以外で提出している場合はさらに時間がかかるようです。

このあたりについては、自治体によって違ってくるので気になる場合は、問い合わせてみるのが良いかもしれません。

そして、「受理通知」は、提出した際に本人確認がされなかった場合にその人に通知されるものですが、基本的には、住民登録している住所宛に通知が届くことになります。

2.戸籍による確認

離婚届が正式に受理されたかを確認する方法のもう一つの方法として、戸籍による確認方法があります。

離婚届が受理されると、戸籍には離婚したことが記載されます。そのため、戸籍謄本を入手すると離婚届が受理されているかを確認できるのです。

戸籍謄本については、離婚後各種の名義変更手続きや手当関係の申請の際に頻繁に使われるものなので、ほとんどの方が入手して記載事項を確認することになります。

しかし、戸籍謄本は受理されてすぐに発行できるものではありません。例外的に即日発行が可能な自治体もあるようですが、ある程度の日数が必要となります。

また、離婚すると名字が変わり、住民票の氏名も変更されるため、離婚届が受理されているかを確認するために住民票を取得するという方法もあります。

ただ、この住民票の更新も離婚届を提出した当日から確認できる自治体もあれば、数日かかる場合もあります。確認方法としては簡単ですが、役所の状況によって対応が変わってくるので、役所に確認したほうが良いでしょう。

「勝手に離婚届を出されないための対処法」も合せてご参照ください。)

Pocket