女性が離婚を決意したときにやるべきこと

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

一度離婚を決心してしまうと、ただ別れたいという気持ちのみが先走ってしまい、その後の長い人生をどうやって生きていくのかという考えなしに離婚してしまうこともあります。

しかし、ここで、一度立ち止まって考えてみましょう。離婚を決心して最初にすべきことは、家を出ることではありません。

最初にすべきことは、離婚後自分がどのような生活をしているのか、また、この先の人生を送るうえで、何が必要なのかを想像したり考えたりしてみることです。

女性が一人で生活をしていくことには、様々な問題がつき物です。離婚後、少しでも経済的ゆとりのある生活が始められるよう、どのような準備をすべきか見てみましょう。

1. 住居の確保と転居費用を準備する

幼い子どもをもつ女性であれば、実家に戻る方も多いかもしれませんが、実家に住めない方は、新しく住居を確保しなければなりません。自分の職場や子どもの学校、子どもの預け先などを考えて探しましょう。

また、新しく住居を確保する場合、敷金・礼金などある程度まとまった費用が必要となります。離婚が成立するまで別居などをする場合、別居から離婚までの期間が長いほど、かなりの金額が必要になることを、しっかり把握しておきましょう。

2. 離婚後に必要な費用を計算しておく

離婚後の生活にかかる費用を計算しておきましょう。離婚後に仕事をして得るお金と、夫からもらえるお金、自治体などの各種手当を合計して、生活していけるかどうかを見極めることは大切です。

仮に、マイナスとなるようだと、離婚後、生活保護の申請なども考えなくてはならないこともあります。そうなれば、とても厳しい生活になることが予想されます。

また、不倫や暴力など相手側に責任がある場合でも、相手に貯金やそもそも仕事がない場合には、慰謝料や財産分与、養育費を請求しても支払えなかったり、請求に応じなかったりすることも考えられます。

そういったリスクも頭に入れておいて、自分名義の預貯金口座を作っておき、へそくりを貯めておくことも大切です。

3. 別居後に配偶者からもらえるお金を確認する

離婚前に別居した時の生活費を夫に請求することができます。金額は双方の話し合いで決まりますが、こじれた場合は調停で調停委員を交え、話し合って決めます。そして、調停での話し合いが上手くいかない場合には、裁判官が金額を決定することになります。

婚姻費用は請求した時からもらえますので、別居したらすぐに請求するようにしましょう。この場合、さかのぼってもらうことや、請求した側に離婚に至る原因があった場合は、請求できないので注意が必要です。

4. 離婚後に確保できるお金についての知識を増やしておく

① 財産分与、慰謝料、養育費などのことを知っておきましょう

結婚後に夫婦で築いた財産は夫婦の共有財産になります。そして、離婚の際には財産分与としてこれを2人で分けることになります。

また、夫婦のどちらかの不倫や浮気などで離婚に至った場合には、離婚原因を作った側が慰謝料を支払う形で清算することもあります。さらに、子どもがいる場合には、子どもを引き取る側に対して、他方が養育費を払う義務が発生します。

財産分与については、原則的には今あるものを分ければ良いことになりますから、離婚時に清算が完了します。慰謝料も一括払いできれば離婚時に清算できますが、一括払いが不可能であれば将来にわたって分割払いしてもらうことになります。なお、養育費については、月額で取り決めをし、毎月支払ってもらう形にするのが一般的です。

② 将来の支払いを確保する方法を考えておく

慰謝料の分割払いや養育費など、支払いが離婚後も長く続くものについては、口約束では途中で払われなくなる可能性があります。そのため、支払いを確保手段として、夫婦間で取り決めした内容を、公正証書という文書にしておくのが有効です。

公正証書があれば、もし相手が約束どおり払ってくれない場合に、給与口座を差押えて、回収することも可能になります。

③ 年金分割の手続き

離婚時に夫婦の年金を分ける年金分割の手続きが可能です。年金分割は、将来もらえるであろう年金を夫婦で分けることです。

この手続きをしないでいると、婚姻生活中、専業主婦の期間だけであれば、その間は自分で年金を支払っていないので、将来もらえる年金額は少なくなりますが、年金分割をすることで将来の年金受取額が変わってきます。

年金をもらうのはまだまだ先の話しと考えてしまいがちですが、年金分割の手続きは離婚後2年以内でないとできません。年金分割により将来の年金受取額がかなり増える場合がありますから、忘れずに手続きしておくべきです。

④ 各種手当を調べておきましょう

自治体などによる、母子家庭に対する助成金や、公共料金の割引サービス、シングルマザーへの支援、生活保護のことなどもチェックしてみましょう。離婚後、女性が一人で生きていくためには情報収集も重要です。現在は、インターネットで情報を得ることもできますから、いろいろ調べておきましょう。

 

 

Pocket