慰謝料の意味合いと重要性

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

配偶者の不倫などが原因で離婚することになった場合、不倫した配偶者に対して、慰謝料の請求をしようと思っている方もいらっしゃるでしょう。では、離婚に際しての慰謝料とはそもそも何なのでしょう?

離婚における慰謝料とは、配偶者の一方の不倫や浮気など、いわゆる「不貞行為」が原因で離婚に至ったとき、離婚の原因となった加害者側が精神的苦痛を理由として相手側の配偶者に支払う損害賠償のことです。

つまり慰謝料とは、配偶者や配偶者の不倫相手から受けた心の傷を、金銭を支払ってもらうことで解決するということです。「心の傷はお金なんかで解決出来ない!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この心の傷は、平穏な婚姻生活を送っていれば、決して感じることがなかった悲しみや悩みを抱えてしまうことなのです。

そして、この心の傷から立ち直るためには、ある程度の時間がかかるものです。しかし、その間にも、現実の生活は待ってはくれません。そのため、離婚後もある程度の経済的ゆとりと、安定した生活をしていくために慰謝料が大きな役割を果たすのです。

つまり、慰謝料を支払ってもらうことで、一時的にせよ生活を維持しながら、ゆっくりと精神のダメージを回復させ、今後の自分の人生のことを考えていくことができるのです。

慰謝料はこのように、精神的苦痛に対して支払われる金銭のことですが、では実際、配偶者の不倫などで離婚することになった場合、いくらの慰謝料を受け取ることができるのでしょうか?

一般的に、浮気や不倫など不貞行為が原因の慰謝料は50~200万円、暴力などDVが離婚の原因となっている場合は50~500万円程度となっていることが多いようですが、慰謝料の額は、法律で定められているわけではなく、それぞれの夫婦の離婚原因や状況において異なってくるため、一概にはいくらとはいえません。

それぞれの離婚の原因や状況、その他すべてを考慮した上で、慰謝料の額が決まってくるのです。本やネットに自分と似たような事例があったから、これくらいはもらえると考ても、それがそのまま自分のケースに当てはまるとは限りませんので、あくまでも参考程度に留めておくようにしましょう。

ちなみに夫婦それぞれに不貞行為があった場合には、慰謝料を請求する事はできません。

Pocket