父親が親権者になるために必要なこと

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

「離婚すると子供の親権は母親が持つものだから・・・」こんな風に子供と一緒に生活することを諦めている父親は多いと思います。では父親が親権や監護権を獲得するためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は離婚の際、父親が親権・監護権を取得するのが難しい理由や、父親が親権や監護権を獲得するためにどうすれば良いのかをお話しします。(「親権者を決めるための判断ポイント」もあわせてお読みください。)

1.父親が親権を取れる可能性は10%

協議離婚の場合、父親が親権を主張した場合、母親がこれに同意すれば父親が親権者となります。ところが話し合いでの離婚が難しくなり、調停など第三者を入れての話し合いに発展した場合、父親が親権を獲得できる可能性は10%くらいで、父親にとっては非常に厳しい現実があります。特に子供が幼い場合はなおさら困難になる傾向があります。

このような状況となっている理由の1つには、裁判所は、「離婚後、父親と母親のどちらと暮らした方が子どもに整った養育環境を与えられるか」つまり、“子の福祉”という点を極めて重要視して、子供の親権・監護権を決定するからです。

そして、離婚に至る前の日常生活から、積極的にどれだけ子どもと関わってきたのかという点は、裁判所が判断する際大きく影響してきます。今までこれだけ積極的に子どもと関わり、養育できていたのであれば、離婚後も十分な養育が期待できるであろうと考えるのです。

2.子育てには積極的関わっていきましょう。

しかし、子育ての大部分は、父親よりも母親が担っていることが多いのが現実です。子どもが幼い場合は、特にその傾向が大きいでしょう。

そのため、親権を決める際、父親よりも、子育ての大部分を担ってきた母親の方が、離婚後も子どもに十分な養育環境を与えられるだろうと判断するわけです。

逆に言えば、父親であったとしても、子育てに積極的に協力していたり、子育ての大部分を担っていたりした場合、それをしっかりと評価して子供の親権者・監護権者を決定します。こういったことから、普段の子育てが非常に大事になってくるのです。

3.別居する際、子どもを母親に連れ去られないようにする また、別居後も子育てに積極的に関わっていくことが大事

父親が仕事から帰宅すると、自宅の灯りが消えていて、妻も子どももおらず、テーブルの上には「実家に帰らせていただきます。」と置き手紙が一通。

このように、母親が子どもを実家へ連れて帰ってしまうと、父親が子どもの親権者や監護権者となることは益々難しくなります。なぜなら、母親が一緒に暮らす両親や兄弟姉妹の協力のもと、別居後もしっかりと子どもの養育を担うことが可能だからです。

その結果、母親は、一緒に暮らす家族の協力のもと、子どもにとって十分な養育実績をどんどん積み上げていけるでしょう。しかし、母親とは違い、父親は子どもと関わることすらままならず、全く養育できない状況が続いていきます。

このような状況の中で、裁判所は、「現在の母親との安定した生活を継続させるべきか、それとも、その安定した生活状況をあえて変えてまで、養育実績のない父親に子どもの養育を任せるべきか」を考えることになります。

こういった場合、父親が子どもの親権や監護権を獲得することは極めて困難であり、母親に子どもを養育する上で、大きな支障がない限り、父親を親権者とすることが認められる可能性はほぼないと思われます。

逆の見方をすれば、別居後に男性が子どもの養育を担っているのであれば、男性が親権・監護権を獲得できる可能性が格段に広がります。

4.両親など家族の協力を積極的に受ける。

仕事を持っている父親が、子どもにとって十分な養育環境を整えることはなかなか難しいものがあるでしょう。そのため、両親や兄弟姉妹など家族の十分な理解や協力があれば、心強いものとなるでしょう。

裁判所もその点を重要視しており、父親側に、祖父母など育児に協力者が存在することは極めて有利な事情となります。

5. 親権者が父親か母親のどちらでも、子どもの幸せを一番に考えましょう!

自分はどうして親権者になりたいのか、自分自身に問いかけてみましょう。子供と一緒に住みたいからでしょうか?相手に養育費を支払いたくないからでしょうか?

また、親権や監護権を持たないと親とはいえないのでしょうか?

「子供にとっての真の幸せ」とは何なのかを一番に考えてみましょう。

Pocket