家庭内別居中の配偶者が不倫したら慰謝料請求できるか?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

夫婦仲は完全に冷え切ってしまい、夫婦としては完全に破たんしている関係なのに、離婚せずに同じ屋根の下で暮らしている夫婦のことを家庭内別居と表現します。(「家庭内別居を理由に離婚できるか?」も併せてご参照ください。)

それでは、この家庭内別居状態中で、一方の配偶者が不倫などの不貞行為をした場合、慰謝料請求できるのでしょうか?

そもそも家庭内別居というものに明確な定義はありません。当事者夫婦が「自分達は家庭内別居している。」と思っていれば家庭内別居状態ということになります。

それでは、この家庭内別居中に一方の配偶者が浮気をした場合、法律でいうところの不貞行為に該当するのでしょうか?

そもそも、不貞行為というのは婚姻関係にある者が浮気や不倫をすることをいいます。つまり、夫や妻という配偶者がいる状態で、配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶことをいいます。そして、その場合、不法行為として慰謝料請求の対象となります。

しかし、慰謝料請求ができない例外がいくつかあります。

その中の一つで、「夫婦関係がすでに破たんしている場合」配偶者が浮気をしても一方の配偶者は慰謝料を請求することはできません。

この「夫婦関係がすでに破たんをしている場合」というのはどういう状態をいうかというと、

・長期間別居をしている。

・生計が完全に別である(財布が別々)。

など、夫婦として完全に形骸化している状態のことをいいます。

しかし、仕事上やむを得ず別々に暮らす単身赴任などは「夫婦関係が破たんしている」とは見なされません。

これを家庭内別居に当てはめてみると、家庭内別居状態では、夫婦関係が破綻しているとは言い難いような気がします。実際、法律的にも夫婦で一緒に暮らしている限り、夫婦関係が破たんしているとは判断されません。

なので、家庭内別居をしてる夫婦の一方の配偶者が不倫をした場合、慰謝料請求を免れることは難しいと思われます。

ただ、家庭内別居でも以下のような状態であれば、稀に破たんしていると認められ、慰謝料の支払いを免れるケースもあります。

・配偶者の分の食事を作ってくれない。

・夫婦生活が全くない。

・生計が全く別(財布が別々)。

このように、家庭内別居が認められるのは極めて稀であり、基本的には夫婦間で愛情が冷め切っていても、離婚届を提出しないで一緒に生活している限りは、夫婦関係が継続しているとみなされ、配偶者以外の者との間に肉体関係の事実があれば、不貞関係とみなされて、慰謝料請求の対象となるということになります。

Pocket