「正本」「謄本」「抄本」「原本」の違い?

こんにちは。函館市の行政書士 小川たけひろです。

 

何かの手続きをするときに、「役所に行って戸籍謄本や戸籍抄本を取ってきてください」と言われたことがあると思います。

また、公証役場で、遺言や離婚給付契約などを公正証書で作成した場合、「正本」とよばれるものと「謄本」が各一部ずつ交付されます。でも、これら「謄本」とか「抄本」、「正本」、の違いを区別できる方は少ないかもしれません。

文書にまつわるこれらの用語について、どういった違いあるのでしょうか?

「原本」

まずは、原本とよばれる、「正本」や「謄本」「抄本」の基となるオリジナルの文書があります。文書の作成者が作成した文書そのもののことです。

「謄本」

謄本というのは,原本の内容を完全に写したものです。つまり、“原本のコピー”が謄本です。謄本は、原本そのものの存在や、原本に書かれていることの全部を証明するために作成される文書です。

・戸籍謄本(全部事項証明書)

・登記簿謄本(全部事項証明書)

・公正証書謄本

・審判書謄本

「正本」

正本は謄本の一種です。そして、この正本は、権限のある者が,原本にもとづいて作った文書であって,原本とまったく同一の法的効力がある文書のことです。「権限ある者」とは、裁判所書記官や公証人などのことを言い、これらの人によって作られたものです。

・判決正本

・公正証書正本

「抄本」

謄本は原本の完全な写し、つまり原本をコピーしたものですが、抄本も原本の写しに変わりはないのですが、原本に書かれていることの一部を写したものをいいます。

・戸籍抄本

・住民票抄本

「謄本」と「正本」の違い

正本は謄本の一種であって、謄本というくくりの中に正本が存在します。正本は原本と同じ効力を持って通用しますが、謄本には、原本と同一の法的効力はありません。

なので、強制執行するには、謄本ではダメで、正本が必要となります。また、遺言を公正証書で作った場合、相続登記手続きをおこなうときには、基本的に公正証書正本が必要となります。

 

 

Pocket