面会交流と学校行事への参加

こんにちは。函館の行政書士 小川たけひろです。

 

離婚に際して、父親が心配することの一つに、子供との面会交流のことがあります。子供が小さいうちは、母親が親権者となって子供を引き取るケースが大半です。

父親としては、養育費を支払うのだから、面会の機会はしっかり確保したいところでしょう。離婚に際して、離婚協議書や公正証書を作る際には、ご夫婦の間にお子さんがいれば、面会交流についての条項を入れるのが普通です。

面会の頻度については、「月1回」などとキッチリ固めてしまうと守られなかったときにトラブルになることもあるので、「面会についてはその都度双方が協議して取り決める」などの表現の仕方にします。

けれど、面会交流について、公正証書に記載しても強制力はないため、父親にとっては、本当に約束を守ってくれるのか心配になるところでしょう。

別れた妻が面会交流について約束を守ってくれるか心配なところではありますが、きちんと書面に残しておくのとそうではないのとでは心構えや気持ちも違ってくると思われますので、やはりきちんと書いておくべきです。

そのうえで、面会交流についてしっかり約束を守ってもらうには、離婚後も、双方の関係を悪化させないことが大事なことです。

何かの拍子に関係がこじれると、子供を引き取った方が強いので、「もう会わせない」と言われてしまい、打つ手がなくなってしまいかねません。

そのため、約束を守ってもらう側としては、養育費の支払を滞らせるなど、関係を悪化させるような行為は避けましょう。

また、面会交流に付随して、子供の学校行事への参加についても、離婚協議書や公正証書に記載することが可能です。

たとえば、「離れて暮らしている親の学校行事への参加を妨げない」ことや、「前もって学校行事の日程を通知する」といった取り決めをこれらの文書に記載することもできます。

入学式、卒業式、運動会、授業参観などの学校行事は、子供の成長を確認したり、成長過程の節目の行事であったり、普段の面会とはまた違った子供の姿を見ることができる機会です。

こういったことから、子供の学校行事への参加についても、取り決めしておくと良いと思います。

 

 

 

Pocket