離婚と「年金分割」①

近年、熟年離婚する夫婦が増えていますが、年金分割を受けることができれば、離婚後の生活にゆとりと安心ができるでしょう。実際、離婚に際して年金分割を公正証書の内容に盛り込むご夫婦も多くなってきています。

年金分割は手続きによって受け取る金額に差がでるため、年金分割制度というものを正しく理解しておくと良いでしょう。

「年金分割制度」とは?

年金分割制度とは、平成19年4月以降に離婚をした場合に、「夫婦の一方が結婚期間中に支払った、厚生年金保険と共済年金の年金保険料の納付実績(標準報酬額)の一部を、離婚時に分割し、夫婦のもう一方が受け取る制度」です。

「年金分割制度」で経済的格差を解消

熟年離婚の場合、特に妻だった方が、新しい職をみつけることが難しい場合が多く、離婚した途端、経済的に不安定な状況になってしまう怖れがあります。

「折角新しく出直して人生をリスタートさせたいと思っていたのにこんなはずではなかった・・・。」と離婚したことを後悔することになってしまうかもしれません。

このようなことから、離婚した夫婦に、離婚後の生活に経済的な格差を生じさせないことを目的として、離婚した場合の厚生年金(共済年金)の分割が平成19年4月から制度化されました。

国民年金のみの加入者夫婦は対象外

ただし、この年金分割制度は、厚生年金または共済年金を対象としており、国民年金、厚生年金基金、確定拠出年金などは含まれません。個人で掛けていた個人年金も対象外となります。したがって、国民年金のみに加入している第一号保険者の自営業者の夫婦は、年金分割制度の対象とはなりません。

「年金」は夫婦が築き上げた共有財産

また、分割される側としては、「年金保険料は自分の給与から引かれていたのに、なぜ配偶者に分割しなければならないのか?」など納得できないと思われる方も少なくないでしょう。

しかし、年金分割制度は財産分与の考え方と同じで、婚姻期間中の年金は「夫婦共同で築き上げた財産」とみなされ、それを受け取る権利は夫婦双方にあるのです。

 「年金分割」は必ずしも夫から妻への分割とは限りません

また、年金分割は必ずしも「夫から妻に分割するもの」という制度ではありません。「厚生年金や共済年金の額が多い方から少ない方へ分ける」制度です。

このことから、夫婦共働きで妻の厚生年金額の方が多い場合などは、妻から夫へ年金分割が行われることになります。年金は離婚後の生活を支える費用として非常に重要なものです。離婚に際して検討しておくことが肝要です。

 年金分割すると年金が半分もらえる?

最近は年金分割制度も定着してきており、誤解や間違った知識をお持ちの方も少なくなってきましたが、年金分割は年金の半分が貰えるわけではありません。

年金分割の請求対象は、婚姻期間中の会社員である場合の厚生年金と公務員である場合の共済年金部分のみとなり、将来受け取る予定の年金額を分割するのではなく、年金保険料の納付実績(標準報酬額)を分割する制度です。

年金分割の種類

年金分割の種類には、「合意分割」と「3号分割」という2種類の分割制度があります。それぞれ、制度開始時期、対象者、夫婦の合意の要否、分割割合、分割対象期間などが異なるので、事前にどちらの制度を利用するのか確認しておく必要があります。次回は「合意分割」、「3号分割」それぞれについて見ていきます。

 

Pocket