W不倫関係の男女間にできた子の戸籍と認知

お互いに配偶者をもつ男女が不倫関係にあることをW不倫と呼ぶことがありますが、このW不倫関係にある男女に子供が出来た場合、子供の戸籍の扱いや認知はどのようになるのでしょうか?

 

「嫡出子の推定規定」とは?

現在婚姻中であれば,子供が生まれると,嫡出推定の規定により現在の夫の子と推定されます。この嫡出子推定の規定とは、どういうものかというと、民法第772条にその規定があります。

〔民法第772条〕

(Ⅰ項)妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

(Ⅱ項)婚姻成立の日から200日後、又は、婚姻の解消若しくは取消の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

これはいわゆる『嫡出子の推定規定』と呼ばれている規定です。 上記の要件を満たして生まれた子は、原則として夫の子と推定されます。

なお、この規定を形どおりに捉えると、仮に妻が不倫など不貞行為をして、婚姻中にその不倫相手の子供を妊娠してしまうと、この民法772条の規定によって、その子は夫の子と推定されてしまいます。

 

「嫡出子の推定規定」が働くとどうなるか?

つまり、妻がそのまま無事出産して、出生届を提出すると、自分達夫婦の子として夫婦の戸籍に記載されることになってしまいます。

このことはつまり、夫には子の扶養義務が発生し、子には夫の財産に対しての相続権も発生するということを意味します。また、嫡出の推定が働く場合、子供はその夫婦の嫡出子となるので、不倫相手に認知してもらうことができません。

 

「嫡出子否認の訴え」

そのため、夫には民法772条の推定規定を覆す手段として、「嫡出否認の訴え」という方法が存在します。

この「嫡出子否認の訴え」は、夫だけが家庭裁判所に提起できます。ただ、子の出生を知ったときから1年以内に提起しなければならないという制限があります。

この調停または裁判の過程でDNA鑑定等の調査をして、嫡出否認が確定すると、その子は初めから夫の嫡出子ではなかったことになり、子の戸籍が訂正されて父親欄が空欄となりますので,その後,実父(不倫相手)から認知してもらうことが可能となります。

 

「親子関係不存在確認の訴え」

また,そもそも妻と夫が別居により懐胎の可能性がない場合は,妻から「親子関係不存在確認の訴え」を提起することができる可能性があります。

この「親子関係不存在確認の訴え」は法律上、親子関係があるとされる場合において、真の親子関係がないことを確認するための訴えです。

例えば、他人夫婦の子として届出されているとか、妻の生んだ子であるが、夫の子ではないことが明白な場合(長期別居中だった、片方が長期海外滞在中であった、夫が刑務所に入っていたときに懐胎した)、などというように、戸籍上あるいは法律上親子関係があるとされていても、妻が夫の子を懐胎する可能性のないことが明らかな場合には、だれでも(勿論、妻からでも夫からでも良い)、また期間の制限なく訴えを提起することができます。

この「親子関係不存在確認の訴え」の過程でDNA鑑定などの方法によって親子関係の有無が立証されます。

そして、嫡出が否認されると、その子は最初から夫の子ではなかったことになります。その後の戸籍の取扱い、認知についても「嫡出否認の訴え」の場合と同じです。

このように嫡出推定を受ける父子関係については、調停や裁判により解決しない限り、その父子間の嫡出関係が無くなる事はありません。

 

出生届提出のタイミングで子の戸籍の扱いに違いが出る

こういったことから、出産後すぐに出生届を出さず,子が無戸籍のままで嫡出否認(または親子関係不存在確認)の手続を行い,それが確定した段階で出生届を提出すれば,子の戸籍を訂正することなく、最初から父親欄を空欄とすることができ,実父に認知してもらうことが可能となります。

ただ、子の出生届の提出時に妻が離婚していれば,子は妻の戸籍に入ることになりますが,妻と夫が離婚していない場合は,妻が夫の戸籍に入っているので,子は夫婦の戸籍に記載され、子は夫婦の氏を称し,その父欄は空欄となります。

Pocket