不貞行為の相手方に慰謝料請求する場合の流れと具体的な方法

不貞行為の相手方に慰謝料請求するのであれば、闇雲に証拠を集めて相手に請求すれば良いわけではありません。慰謝料請求をするにはしっかりした準備と要件が揃わなければいけません。具体的にどのように慰謝料請求するのか流れと方法を理解しておくことが重要です。

 

1 慰謝料請求できる条件はそろっているかを判断する

配偶者の不貞行為(不倫)の相手方に慰謝料請求する場合、あなたと、夫(妻)との夫婦生活が不貞行為(不倫)が発覚する前に破綻していないこと、また、不貞行為の相手方があなたの夫(妻)が既婚者であることを知っていたか、ちょっと注意していれば既婚者だと知ることができたことなどの条件が揃っていれば、慰謝料請求できる可能性が高くなります。(慰謝料請求する場合の要件はこちら)この辺の判断が難しい場合は、専門家に相談すると良いでしょう。

 

2 不貞行為(不倫)の証拠を集める

具体的な証拠集めとなると、興信所や探偵などのプロに任せる場合と自分で証拠集めをする方法が考えられるでしょう。ご自分で証拠集めをする場合、次のような証拠を集めましょう。

① 物的証拠を集める

夫(妻)の衣服のポケットやスケジュール帳、財布、机の引き出し、書棚やゴミ箱の中などを探す方法です。 また、不倫相手と一緒に撮ったプリクラや写真、手紙やプレゼント、ラブホテルやレストランのレシートやライター等、物として残っている証拠は全て集めておきましょう。

また、メールやLINE,SNSでのやり取りなども保存しておきましょう。配偶者の携帯電話を無断で見てしまうことは、道義上問題のある行為かもしれませんが、それ自体が罪に問われることはありません。

③ 不貞行為の現場の証拠を集める

配偶者が不倫相手の自宅やホテルに一緒に入っていく写真や、不貞行為の最中の写真・動画、室内での会話を録音した音声など、不貞行為の現場を記録する方法です。1度ではなかなか証拠になりにくい面があるので、できれば継続的に証拠を集める必要があります。

これらの情報は決定的な証拠になりますが、技術的な困難さや、精神的なダメージが大きいやり方なので、ご自分でする場合にはよほどの覚悟が必要と考えられます。

 

3 相手方の情報を集める

不貞行為の慰謝料を請求する場合、相手方の情報として、名前、住所、できれば勤務先、家族構成などの情報を集めましょう。

勤務先の情報は、相手方の支払い能力をある程度推測できることになるからです。また、相手方の家族構成などの情報も重要です。相手に妻(夫)、子供の有無によって、相手の不倫に対する本気の度合いや、逆に、相手の配偶者からあなたの配偶者へ慰謝料請求する可能性も考えに入れておけるからです。

 

 4  請求金額を決める

不貞行為によって被害者が受けた精神的損害の度合いや、これまでの判例などを基に、不倫相手の支払い能力などを総合的に考慮して慰謝料額を決定します。 慰謝料額があまりに法外であれば、不貞行為の相手が支払いに応じることは、まず無いでしょう。

また、慰謝料額が不貞行為の相手の支払い能力の限度を超える場合も、不倫相手が支払いに応じることはないと考えられます。慰謝料額の相場はこちら

こういった場合、不貞行為の相手方に慰謝料を支払わせるためには訴訟を提起しなければならなくなり、被害者の肉体的・精神的負担と費用が増大することになってしまいます。

この場合、せっかく苦労して裁判をしても、被害者が希望するような法外な金額の支払い判決が出る可能性は極めて低いのが現実であり、そもそも不貞行為の相手に支払い能力がなければその判決は無意味なものになってしまう可能性があります。

たしかに、不貞行為の相手方には感情面からも法外な慰謝料を請求してやりたいという気持ちになることは理解できますが、時間も費用もかけた割には予想した結果に至らない場合が多いのも現実です。ここは、立ち止まって冷静に状況を把握して対処しましょう。ご自分で判断するのが難しい場合は、専門家に相談すると良いでしょう。

 

5 請求方法を決める

慰謝料の請求方法には一般に以下の方法が考えられます。

 ① 不倫相手と直接会って請求する

 ② 電話やメールで請求する

 ③  内容証明郵便等の書面を送付して請求する

一般的には内容証明郵便等の書面を送付して慰謝料を請求する方法が考えられますが、不倫相手に家族がある場合や職場環境などによっては、そのような書面で請求することに配慮する必要があります。

また、早期に解決したいと考えるのでしたら、内容証明で請求という方法ではなく、不倫相手と直接会って話し合って請求したほうが良いでしょう。この場合、示談書や合意書といった書面にして内容を残しておきましょう。

いずれにしても、交渉の仕方、書面の内容や表現方法によっては、脅迫されたなどと受け取られることもありますので注意が必要です。この場合にも専門家に相談して決めると良いでしょう。

 

6 相手方との交渉、請求

不貞行為の相手が不倫の事実を認めて、誠実に対応してくれるのであれば、短期間で解決することは可能ですが、そのような相手ばかりではないのも現実です。こういった相手との交渉は長期化することが考えられます。 そこで、早期解決を図るには、不倫相手の立場や状況を考えた次のような対応をする必要があります。

①  直接会って話し合いをする

② 法外な金額の慰謝料を請求はしない

③  不倫相手が支払い可能な慰謝料額を請求する

④ 不倫相手にとって無理のない支払い方法をとる。

これらの点に配慮して不倫相手と交渉すれば、確実な慰謝料の支払を受ける可能性が高くなると考えます。

 

7 示談書、和解契約書を作成して公正証書にする

慰謝料支払いは一括払いが原則ですが、不倫相手の収入が少ない場合や預貯金がない場合には、一括で支払ってもらうことは難しく、分割払いによる支払になる場合もあります。 分割払いによる方法の場合、不倫相手の心変わりや失業など、支払いが滞るようになることが考えられます。

そのため、慰謝料支払いが分割になる場合は、示談書(和解書)を作成するだけでは不十分であり、支払いが滞れば訴訟を提起することなく、即座に不倫相手の財産を強制執行(差し押さえ等)ができるように、強制執行認諾約款付公正証書を作成しておくべきです。

公正証書をご自分で作る場合、取り決め内容に法律的に問題がある場合や重要事項の漏れなどがが多く、見られる場合がありますので、時間と労力がかかることがあります。示談書や和解書、公正証書の作成に関しても、専門家に依頼されることが時間と労力の節約になります。

 

 

 

Pocket